皆さんに草津市議会への理解と関心を深めて頂くため、市議会の仕組みや活動内容を紹介しています。

キッズページ




サイト内検索

文字サイズ変更
草津市議会メニュー
草津市議会ガイド
本会議・委員会の案内
市議会議員の紹介
議会の取り組み
公費の支出について
キッズページ
議会だより
リンク集
例規集
Q&A
用語集
寄付行為の禁止
会議録検索
会議録検索


皆さんに草津市議会への理解と関心を深めて頂くため、市議会の仕組みや活動内容を紹介しています。


キッズページ




市議会の仕事


 市議会は市民の皆さんの要望や意見を実際のまちづくりに役立てるために調査や話し合いをして、どういうまちづくりをするかを決めています。
 例えば、「条例(じょうれい)」という草津市のルールを決めたり、変更したりすることやまちづくりをするためのお金(これを「予算」と言います。)を決めたりします。
 この条例や予算を決めることを「議決(ぎけつ)」と言い、市議会は議決をするために話し合いをすることから、「議事機関(ぎじきかん)」と呼ばれています。
 この市議会の議決で決まったとおり、実際にまちづくりをおこなうことが市長の仕事です。 このように、それぞれ役割の違う市議会と市長は相談したり、協力しながら、市民のためのまちづくりを行っています。
 また、市議会の仕事には議決以外にも国や滋賀県に“こうしてほしい”という意見を出すことなどの仕事もあります。 次の時間では市議会議員についてもっと勉強していきたいと思います。


問題(2)

市議会は条例などを決めるために話し合う仕事をしていることから、なんと呼ばれているでしょうか?






前のページに戻る




このページのトップへ