皆さんに草津市議会への理解と関心を深めて頂くため、市議会の仕組みや活動内容を紹介しています。

キッズページ




サイト内検索

文字サイズ変更
草津市議会メニュー
草津市議会ガイド
本会議・委員会の案内
市議会議員の紹介
議会の取り組み
公費の支出について
キッズページ
議会だより
リンク集
例規集
Q&A
用語集
寄付行為の禁止
会議録検索
会議録検索


皆さんに草津市議会への理解と関心を深めて頂くため、市議会の仕組みや活動内容を紹介しています。


キッズページ




市議会議員について


 市議会議員は市民の中から選ばれた代表の人です。この市民の中から選ぶ方法が「選挙」です。市議会議員の人数は草津市のルール(条例)で24人と決められていますので、草津市に住む25才以上の人の中から“市民の代表になりたい”と立候補(りっこうほ)した人を選挙という方法で選んでいます。議員として働く期間(「任期」と言います)は4年間となっています。
 この24人の議員の中から、「議長」と「副議長」を自分たちで選んでいます。議長は市民の代表の集まりである市議会のなかのリーダーとして、会議を進めたり、他のまちに出かけていったりします。副議長は議長が病気や出張などで不在のときに議長に代わって仕事をします。


問題(3)

市議会のリーダーはなんと呼ばれているでしょうか?






前のページに戻る




このページのトップへ