皆さんに草津市議会への理解と関心を深めて頂くため、市議会の仕組みや活動内容を紹介しています。

用語集




サイト内検索

文字サイズ変更
草津市議会メニュー
草津市議会ガイド
本会議・委員会の案内
市議会議員の紹介
議会の取り組み
公費の支出について
キッズページ
議会だより
リンク集
例規集
Q&A
用語集
寄付行為の禁止
会議録検索
会議録検索


皆さんに草津市議会への理解と関心を深めて頂くため、市議会の仕組みや活動内容を紹介しています。


ホーム用語集

用語集



委員会
(いいんかい)
本会議の予備的審査・調査機関として、議案などを効率的・専門的に審査するために設置するものです。
法律により、条例で常任委員会、議会運営委員会、特別委員会を置くことができるとされています。
意見書
(いけんしょ)
地方自治法第99条の規定に基づき、市議会は市の公益に関することについて、国、県などの関係行政庁に対して、議会の意思を意見としてまとめた文書を提出することです。
意見書の案は議員が提出し、本会議でその可否を決めます。
開会
(かいかい)
議会を開いて、法的に活動できる状態にすることです。
会期
(かいき)
議会が会議を行う期間(開会日から閉会日まで)のことです。会期は本会議開会後に決定します。
会派
(かいは)
市議会の中で結成された、同じ主義・主張を持った議員で構成される集団のことです。
議案
(ぎあん)
市長や議員等が議会に対して提出する案件のことです。
議会運営委員会
(ぎかいうんえいいいんかい)
円滑な議会の運営を行うため、議会運営の全般について協議・調整を図る場として設置される委員会のことです。
議決
(ぎけつ)
議会で議案などに対し、可否(賛否)を決定することです。意思決定の内容により、次のようなものがあります。
・可決(否決):予算、条例、契約、意見書、決議、その他
・認定(不認定):決算
・承認(不承認):専決処分
・同意(不同意):人事
議事日程
(ぎじにってい)
本会議において、議長がその日の件名や順序を定めたものです。
議席
(ぎせき)
本会議において定められた、議員が議場で会議を行う場合に座る席のことです。
議長・副議長
(ぎちょう・ふくぎちょう)
議員の中から各一人選挙されることとなっており、議長は議会を代表し、議事の整理をしたり、議場の秩序を保つほか、議会の事務を総括するなど、多くの権限が与えられています。
副議長は、議長が病気や出張などで不在のとき、また、欠けているときに議長の職務を行います。
休会
(きゅうかい)
議案などの調査研究や委員会審査などのために、会期中に本会議の活動を休止することです。
決議
(けつぎ)
議会の意思を対外的に表明したり、政治的効果をねらってなされる議会の意思表示のことです。
決議は法律上の用語ではないことから、法的根拠はありません。
採決
(さいけつ)
議長が議案などについて、出席議員に賛否の意思表示を求め、それらを集計することです。
起立による採決、投票による採決、異議がないかをはかる簡易採決などがあります。
散会
(さんかい)
議事日程に記載された日程がすべて終了し、その日の本会議を閉じることです。
質疑
(しつぎ)
議案などについて、疑問を確認する発言のことです。質疑は議案の不明確な点を明らかにするために行うもので、原則として、自分の意見を述べることはできません。
執行機関
(しっこうきかん)
市長、行政委員会(教育委員会、選挙管理委員会、農業委員会など)など、行政の仕事を行う機関のことです。
質問
(しつもん)
議員が市長等に対し、市政全般にわたり、事務の執行状況や将来の方針、 計画あるいは疑問点などについてその考えをただすことです。
質問は定例会で行われ、臨時会ではできません。また、会派を代表して行う代表質問と、個人として行う一般質問があります。
上程
(じょうてい)
本会議で議題として取り扱うことを、一般に「上程」といいます。
審議
(しんぎ)
本会議にて、説明を聞き、質疑や討論、採決を行う一連の過程のことです。
審査
(しんさ)
委員会にて、議案等を論議し、結論を出す過程のことです。
常任委員会
(じょうにんいいんかい)
市の事務に関する調査や議案などの審査を行うため、常に設置されている委員会です。
除斥
(じょせき)
審議を公正なものとするため、議案等と一定の利害関係にある議員をその審議に参加できないようにすることです。
専決処分
(せんけつしょぶん)
議会が議決または決定すべきことについて、市長が議会に代わって処分することです。
議会を招集する時間がないときに行うものと、議会の議決により予め指定したものがあります。前者の場合は、次の議会に報告し承認を求めなければならないとされており、後者の場合は、議会に報告するだけで承認は不要です。
請願
(せいがん)
市議会に対し、行政機関に関する事項について、文書で希望を述べることです。
請願には、必ず紹介議員の署名が必要となります。請願は所管の委員会に付託され、審査後、本会議で採択・不採択を決定します。採択された請願は、請願の趣旨に沿って真摯に対応されるよう市長等へ送付します
全員協議会
(ぜんいんきょうぎかい)
市政に関する重要な事件や議会内部の処理事項について、議員全員で報告・協議するために非公開で実施する会議のことです。
陳情・要望
(ちんじょう・ようぼう)
請願と同様に、市議会に対して文書で希望を述べることをいいます。
請願との違いは、紹介議員の署名があるかどうかとなります。本市議会では、陳情・要望書が提出された場合、議会運営委員会で報告を行っています。
定例会
(ていれいかい)
付議事件の有無にかかわらず、定期的に招集される議会の会議です。
草津市では、条例で年4回と定めており、概ね2月、6月、9月、11月に招集されます。
動議
(どうぎ)
議員が一定の事柄を議題とすることを求めるものです。
動議には、条例案や予算の修正案等のように案を備えなければならない文書動議と、緊急質問、日程追加、休憩等のように案を備える必要がない口頭動議があります。
答弁
(とうべん)
議員の質疑や質問に対して、市長や教育長等が回答や説明などを行うことです。
討論
(とうろん)
議員が表決の前に、議案等に対し、賛成か反対かの自己の意思を表明することです。
討論の目的は、単に自己の賛否の意思を表明するだけでなく、まだ賛否を決定していない議員や意見の異なる議員に向けて行うものでもあります。
特別委員会
(とくべついいんかい)
常に設置されている常任委員会に対し、必要のある場合や特定のことを審査・調査するために設置される委員会です。
発言通告
(はつげんつうこく)
議会の会議で議員が発言をしたいとき、予め議長に発言の趣旨などを知らせることです。
表決
(ひょうけつ)
議員が議案などに対して賛否の意思表示をすることです。
議長が表決をとることを採決といいます。表決は議員から、採決は議長からみた表現です。
附帯決議
(ふたいけつぎ)
議案を議決するにあたって、議会の希望意見として付すものです。
法的な効果はなく、政治的・道義的に尊重されるべきものとされています。
閉会
(へいかい)
議会の法的な活動能力を失わせることをいいます。
閉会中の継続審査
(へいかいちゅうのけいぞくしんさ)
会期中に議案などの審査や調査を終了することが困難な場合に、議会の議決によって、会期が終了した後も引き続いて委員会で審査や調査を行うことです。
本会議
(ほんかいぎ)
全議員で構成された議場で行う会議です。
議案などを審議し、議会の最終的意思を決める会議であると同時に、議員が市政全般について質問するのもこの会議です。
臨時会
(りんじかい)
定例会のほかに、必要がある場合に臨時に招集される議会の会議です。
原則的には、付議事件として告示したものに限り、審議を行うことができます。




このページのトップへ